ipadのコンディションも買取額に影響

Pocket

長年iPadを使用してからでも、iPad買取は出来ますが、やはり『使用感』がでてしまうほど使い込んだ場合は、買取価格が低くなってしまう傾向があります。
主に、iPad買取では、Sランクと呼ばれる『新品か未使用品』、Aランクと呼ばれる『使用感がなく綺麗な状態』、Bランクと呼ばれる『大きな傷などがない普通の中古レベル』、Cランクと呼ばれる『使用感があり、傷も目立つ中古品』の4段階に分類されることが多いです。
勿論、一番高く売れるのはSランクやAランクのコンディションが良いものです。
しかし、必ずしも、コンディションが良ければ高くなるとは限らないケースもあります。
過去に不具合が勃発したり、悪い評価が集まっている機種は、どうしても中古市場でも需要が低くなってしまい、なかなか新品でも高値がつきにくくなっています。
また、発売から数年以上が経過してしまい、iosのバージョンが古くなり過ぎているものも買取価格が低くなりやすいです。

This entry was posted in iPad買取前に気を付けておくこと. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります